なんとなくの流れで、iPhoneから、なし崩し的にMac導入まで踏み込んでしまいました・・・。

Windowsユーザーの自分としては、Things や OmniFocus などの GTD 系ツールが充実しているのが魅力の一つだったのですが、実際に使ってみると、なんだか機能がシンプルすぎたり、あるいは複雑すぎたりして、想像したよりも・・・というモノが多かったです。

僕の場合、結局、Mac でも Remember The Milk を使うハメに・・・。

さらに、Blog のクライアントも色々と使ってみたのですが、Windows Live Writer を超えるものが全く無くて、ちょっとガッカリ。(現在 xfy というツールを試用中)

でも、さすがApple純正ツールの出来映えは素晴らしいですね。

印象としては、OSXの素晴らしいポテンシャルを引き出せるような(体力と実力のある)アプリケーション開発者は限られる・・・という感じでしょうか。

要するに、Windowsだとダサいアプリケーションでもあんまり気にならないんですが、Macのように美しく滑らかに動作するOSだと、ちょっとダサいアプリケーションが、激しく駄目に見えるという事実・・・。

まぁ、iPhoneくらいの規模のアプリケーションなら、隅々まで気を配って作っても、リーズナブルなコストかも知れませんが、やはりOSXのアプリケーションを隅々まで妥協無く作るのは大変そうです。

ともあれ、Macもガンガン使っていきたいと思います。