スキーマレスの Azure Table Storage では、文字列のContainsを使ったQueryはサポートしないようですね。(ただし StartsWith は CompareTo を応用することで使えるらしい…)

Linq to Azure Table では普通に書けるので、ダメもとで下記のコードを試してみたのですが、500 Error が返されるため、ちょっと調べてみました。

var query = from t in this.CreateQuery(EntitySetName)
            where (t.PartitionKey== ProductTable.PartitionKey) && t.Tags.Contains(tag)
            select t;

return query.ToList();

MSDNを漁ってみると、下記のような投稿が見つかりました。
LINQ SubString Query Using Azure Table Storage…

また下記のBlog記事を見るように提案されています。
Implementing a Simple Word Search Using Azure Table Storage

結局のところ、部分文字列の検索に関しては、自前でインデクス化したテーブルを別途作ってやるのが早道のようですね。確かに理にかなっています。

今回の(僕の)用途では、タグ付けされたアイテムを抽出するだけですから、アイテムの登録・更新時に、検索用テーブルにアイテムを登録してやることで実装したいと思います。

英語の記事ですが、ASP.NET MVC で多言語対応するための、素晴らしい記事です。

ASP.NET MVC 2 Localization complete guide

まさに完全ガイドですね。

ASP.NET MVC のローカライゼーション手法については、ローテクな雰囲気を感じますが、いかにも MVC っぽくて良いのかもしれません。

着手しているプロジェクトでは、運営コストの観点から、ASP.NET MVC は REST API の提供と、管理者サイトUIのみで使われる予定なので、今回は、この記事の出番は少ないかも。