iPhone 5 の「良かった」探し

例によって iPhone 5 を購入しました。
この投稿では、iPhone 4S から iPhone 5 に機種変更して良かったと思える点を書きたいと思います。

iPhone 5

なお、今回も ソフトバンク オンラインショップ で注文しました。当日に受け取れるかは微妙なところですが、列に並ぶ必要がないのでオススメです。今回は、プレオーダーが始まった当日21時頃に予約、日曜日の午前中に配達という感じです。

以下、ほぼ丸一日使ってみての感想となります。

総評として、iPhone 4S から機種変更をして満足かというと、
手放しに「イエス!」とは言えない感じがします。( ̄▽ ̄)

 

やっぱり高速なのは素晴らしい

まず確実に良かった点は、UI の反応速度です。
これは体感できるほどに高速になっています。

iOS 6 にアップデートした iPhone 4S でも速度的に不満はありませんでしたが、
それでも大幅に iPhone 5 は高速です。
使ってみると、なるほど iOS 6 はこの端末向けに調整されていたのだと実感できます。
200 通を超えるメールボックスも遅延なくスクロールできますし、Webブラウズも全くストレスがありません。

このスピードこそが、iPhone 5 に機種変更する最大のメリットだと思います。

 

大型化したスクリーンの恩恵

第一印象として、スクリーンに関しては、正直、それほど感動はありませんでした。(^_^;
が。しかし、ジワジワと使い勝手の向上が実感できます。

ご存知の通り、iPhone 5 では「縦方向のみ」画面が広くなっていますが、これによりキーボードの占有面積が相対的に減り、アプリの表示領域が広くなっています。

メール作成を含む、いわゆる「仕事効率化アプリ」の大多数はポートレート(縦画面)で使うことが多いため、いろいろな局面でこの恩恵を受けることが多いです。

まぁ、実際は微妙な差なんですけどね。例えば、一画面で確認できるメールの件数は iPhone 4S では 5通 に対し、iPhone 5 では 6通 です。(本文を2行プレビューする設定の場合)

最初、この「数行程度の違い」では大して使い勝手は向上しないだろうと考えていました。しかし、実際にメールを書いたり、こうして Blog を更新してみると、動作速度の向上と相まって、その効果が実感できます。

ただ、画面が縦に広くなった分、上部に配置されたボタンが押しにくくなっています。僕は手が大きい方ですが、片手で iPhone 5 を持った状態で、親指で「画面上部」のボタンを押すのは結構大変です。

iPhone のデザインパターンとして、画面上部に「戻る」などのナビゲーション UI が配置される訳ですが、この辺りの操作性が低下しています。女性の方など、実際、かなり苦労するのではないでしょうか。

 

さて、以上が「良かった点」の感想となります。
実際に使ってみると、いくつか困った点が出てきました。

次回以降、これらの「悩ましい部分」について書いてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です