Dreamhost で Git をホストする際の ‘Killed’ 問題対策

Dreamhost はデフォルトで Subversion をサポートしていますが、もちろん Git も使えます。詳しくは こちらの公式 Wiki (英語) を参照してください(公式サポート外とはいえ丁寧に解説されています)。

さて、Git に大量のファイルを入れていると、サーバーサイドの Git プロセスが重くなり Dreamhost のリソース上限にヒットしてしまい、巡回プログラムに Kill されるケースが増えてきます。

Yikes! One of your processes (git, pid 4323) was just killed because your
processes are, as a whole, consuming too much memory. If you believe you've
received this message in error, please contact Support.
Killed

この問題の対処方法として、サーバーサイトで下記のような設定を行い、リソースの消費を制限することで問題を回避できました。今では 公式 Wiki にも書いてありますね。

git config --global pack.windowMemory "100m"
git config --global pack.SizeLimit "100m"
git config --global pack.threads "1"
git config --global core.packedGitWindowSize "1m"
git config --global core.packedGitLimit "100m"

VPS プランを導入するのも勿体無いし… という場合などにお試しくださいまし。

僕は当初、この問題への対処法がわからず、Unity 関連のソースファイルは Bitbucket に移動してしまったんですが、もっとよく Wiki を読んでいれば回避できたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です